【シックスペンス】【フルレゾン】キャロットクラブ2歳馬近況更新

シックスペンス一口馬主
PVアクセスランキング にほんブログ村

まずはいつもの近況から。

シックスペンス
23/4/14  NF早来
馬体重:466kg 
現在は週2~3日、坂路でハロン15~16秒のキャンターと周回コースでのキャンター2700mの調整を行い、それ以外の日は周回コースでのキャンターのみかウォーキングマシン調整を取り入れています。オーバーワークを未然に防ぐ意味もあって、坂路入りの頻度を微調整していますが、変わりなくハロン15~16秒のキャンターを消化することができています。ここまでの馬体の成長具合を踏まえると本質的に良くなるのはもう少し先と考えられるだけに、今後もジックリ本数を乗り込むことで一歩ずつ確実にステップアップさせたいと思います。

フルレゾン
23/4/14  NF空港
馬体重:430kg 
現在は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週3日は900m屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター2本登坂しています。精神面に悪い変化は見られず、その表情からも落ち着いて日々のメニューを進めることができている印象です。姉たちの実績が示すとおり、母の産駒はその父によって距離適性が異なるあたりを見ると、本馬に関しても父の影響でいくらか距離は必要かもしれません。

フルレゾン

まずはシックスペンス(フィンレイズラッキーチャームの2021)から。ことあるごとに、オーバーワークを防ぐ、本質的に良くなるのはもっと先、今後もジックリ、と言われています。早期デビューではなさそうなタイプかなとは思っていましたが、ここまで晩成気味とまでは思いませんでした。走りは褒めてもらえてますし、乗り込みは続けられているので、プロの判断にお任せしてしっかり鍛えてもらえればと思います。

そして次にフルレゾン(カイカヨソウの2021)を。こちらも前の近況までは遅めの成長コメントがありましたが、今回は距離適性について触れられていました。オルフェーヴルの仔らしく距離があった方がいいということですので、距離適性だけでなく能力も受け継いでいてくれることを願います。長めの距離もいけるとなると、芝でもダートでも楽しみが増えますので。

2歳馬の近況は、頓挫がなければそれほど問題はないと思いますし、まずは2頭とも順調そうで何よりの近況報告でした。

※画像及び記事はキャロットクラブ様より許可を頂いた上で転載しています。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました